ウェルケアはら脳神経内科
2FLOOR

ウェルケアはら脳神経内科

ABOUT 脳神経内科とは

脳神経内科とは脳や脊髄・末梢神経・筋肉の病気を専門に見る診療科です。具体的には頭痛やめまい、筋力低下、歩行障害、しびれ、ふるえ、物忘れなどの症状がある方に受診をしていただいています。
病名としてはパーキンソン病、アルツハイマー病を含む認知症、多発性硬化症、筋無力症などの神経・筋疾患や脳血管障害に対して診断・治療・リハビリテーションを行ってまいります。
また当院では顔面痙攣や痙性斜頸などに対するボトックス注射も積極的に行っております。
曜日により内科専門医による一般的な内科・血液内科・生活習慣病などの診療も行っております。
健康長寿社会を実現するために、当院では要介護になる原因を早期に発見・予防・治療するため、脳ドックも利用していただきながら適切な診療をおこない、
3Fの整形外科・4Fのリハビリ部門とともに協力することで地域医療に貢献する所存です。

SCHEDULE 診療時間・休業日・担当医

  午前 09:00〜12:00

午後 14:00〜18:00

(最終受付時間 17:30)

原 一 原 一
原 一 橋本 佳巳(内科)
原 一 原 一
原 一 原 一
原 一 高橋 丈二
黒野 裕子 午後休診
休診 休診

休診日:日曜・祝日・土曜午後 【各種保険取扱】

    ご予約の方優先となります。

初診・再診ともにお電話にてご予約いただけます。

SUBJECT 診療科目

脳神経内科・内科・もの忘れ外来・脳ドック・ボトックス注射 など

CONTENTS 診療内容

脳神経内科

  • ・頭痛、めまい
  • ・筋力低下、歩行障害
  • ・しびれ、ふるえ
  • ・もの忘れ(認知症の鑑別・治療)
  • ・パーキンソン病、多発性硬化症、
    筋無力症などの神経難病、脳波・筋電図・
    神経伝導検査、など

内科

  • ・内科一般診療
  • ・血液内科
  • ・生活習慣病

DOCTOR 医師紹介

原  一(はら はじめ)

院長 原 一(はら はじめ)

昭和32年生まれ。昭和59年
東京医科大学医学部卒業、平成3年 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院・神経内科助手(助教)、平成8年 学位取得(医学博士)、平成9年 米国ペンシルバニア大学神経内科学教室客員研究員(主として神経・筋疾患の遺伝子治療について研究に従事)、平成20年 同准教授、 平成23年 済生会神奈川県病院・神経内科部長 平成29年 副院長・院長補佐
日本神経学会認定医・代議員、日本神経治療学会評議員、総合内科専門医、日本頭痛学会、日本認知症学会、日本脳ドック学会

橋本 佳巳

内科医師 橋本 佳巳

医学博士
横浜市立大学医学部卒

高橋 丈二

内科・神経内科医師 高橋 丈二

昭和大学医学部卒業
内科医、神経内科医、産業医、医学博士、医療法人社団ヒルデモア メディカルクリニック院長、
医療法人若葉会、
横浜田園都市病院診療部長

黒野 裕子

神経内科医師 黒野 裕子

岡山大学卒
神経内科専門医・指導医
総合内科専門医 脳卒中専門医
日本臨床神経生理学会専門医
(筋電図・神経伝導分野)

大淵 眞男

放射線診断 医師 大淵 眞男

医学博士
昭和大学医学部卒
日本医学放射線学会 放射線診断専門医
米国lowa大学病院 放射線科
Assistant Professor(2003-2005年)

主な診療設備

    • 脳波計: 脳波・筋電図室
      (シールドルーム)
    • 日本光電:Neurofax
    • 神経伝導検査・針筋電図計
    • 日本光電:Neuropack S1
    • 超音波検査装置:
    • 東芝 Viamo C100
ロボットスーツHAL®(サイバーダイン社)

ロボットスーツHAL®(サイバーダイン社)

ロボットスーツHAL®とは、装着する人の「意思」を感知して起立や歩行動作をアシストする世界で初めての保険適応された自立動作支援ロボットです。
人が体を動かす際には、脳からの命令が脊髄―末梢神経を通じて筋肉に電気的信号として伝わり筋肉が動き意図した動作が生じます。しかしこの信号が不十分な場合や筋肉自体に障害があることで起立、歩行などができなくなる事があります。 HALは動こうとする際に実際に筋肉が動かなくても、脳からの指令を皮膚表面に流れる微弱な生体電位信号として感知し、 コンピュータ制御によって各関節のモーターを適切に稼働させて動作をアシストします。
もともと神経難病(ALSや筋ジストロフィー)のリハビリに用いられてきましたが、歩行障害のある様々な方に有効であることがわかってきています。当院では自立支援下肢タイプのHALを用いて自費診療(1回8000円・1時間)で行っております。

適応基準:身長150cm ~175㎝ぐらいまで、靴サイズ23~28㎝、体重100㎏以下
歩行障害があり医師が適応と判断した方。

*(脊髄損傷、痙性対麻痺、脳性麻痺など)

ABOUT ウェルケアMRI・CT検査室について

原  一(はら はじめ)

当院での検査は、診療放射線技師2名にて行います。
画像診断機器は、大学病院に匹敵する最新鋭の機器を導入しており、
患者様には安心・安全・丁寧に、
そして的確な診断情報の提供に努めてまいります。 

鈴木 航

診療放射線技師
鈴木 航

駒沢短大放射線科 卒業
昭和大学藤が丘病院、
昭和大学豊洲病院、
昭和大学江東豊洲病院 勤務

他院様からの検査のみのご依頼も受け付け
ております。お気軽にお問い合せ下さい。

主な診療設備

1.5T超電導MRI

日立製作所製

1.5T超電導MRI ECHELON Smart Plus

従来、MRI検査は時間がかかり、狭いボア(円筒)の中でうるさい音を我慢しながら行うものでした。 当院の装置は最新のアプリケーションを搭載しているため、高速スキャンによる検査時間の短縮と、静音によって患者様の負担が大幅に軽減されております。 また画質も向上しており微細な血管や、細い靭帯などの描出にも優れております。 頭頸部をはじめ、躯幹や四肢など様々な部位に対応いたします。

マルチスライスCT

日立製作所製

マルチスライスCT Supria Advance OPEN & COMPACT 16ch/32slice CT

最新のマルチスライスCT装置を導入しております。
1回の息止めで、全身の撮影が可能です。CT検査は、被ばく線量が多く社会問題にもなっております。当院のCT装置は最新のアプリケーションを用いて、画質を損なわず低被ばくでの検査が行えます。
MPR(任意断面再構成画像)や3D表示など、患者様の病態に沿った画像を提供します。

RECRUIT 採用情報

当院では、幅広く採用を募集しております。